保育目標と特色

保育目標

■からだの丈夫な子

食べ物の好き嫌いをなくし、楽しい遊びや運動をして丈夫な体をつくる

■ありがとうと感謝する子

いのちの尊さを知り、思いやりの心感謝する心を育てる

■自分で考え創り出す子

他人に頼らず、自分で考える力と、やる気を育てる

 

当園の特色

■食育

当園では「食育」を基本方針として、毎日楽しくおいしく給食をたべることを大切にしています。

明るく広々としたランチルームで、バイキング形式の給食を楽しんだり、おやつタイムもしっかりと設けています。

 

■給食やおやつは手作りです

栄養のバランスを考え、手作りで楽しい食事ができるように、努めます。

また食器は、安全な陶器を使っています。

 

■園外へ出かけ自然の中で遊びます

園の周りは自然にあふれており、近隣へお出かけして、自然の中で遊ぶ楽しさを学びます。

 

■身体を動かして楽しく遊びます

毎週木曜日、先生と楽しく遊びます。

年間を通して、飛び箱、鉄棒、マット、縄跳び、プール遊び、ボール遊び、サッカー等を体験します。

 

■仏教保育は”心の教育”

毎週月曜日は、お寺の本堂へお参りします。

静かに正座をして、住職(俊慈先生)から仏典童話などのお話を聞きます。

仏教的情操教育で心の教育をおこないます。

 

■障がいのあるお友達も一緒に

障害児の保育を昭和49年から行っていてます。

今まで、様々な障害のある子どもさんも、また重度の障害のお子さんも受け入れてきました。

当園は入園に際しての基準はありません。

どの子もみんな仲良しお友達ですので、お互いに育ち合いましょう。